「性欲が強い人は薄毛になりやすい」って本当?

みなさんは「性欲が強いと薄毛になりやすい」といった噂を耳にしたことはありませんか?AGAとも呼ばれる男性型脱毛症には男性ホルモンのテストステロンが深く関係しています。

 

テストステロンは筋肉や骨の形成、闘争心や性欲にも関わるホルモンですが、体毛を濃くし髪の毛を抜けやすくするといった作用があります。ですが、薄毛を引き起こすのはテストステロンではなく「5αリダクターゼ」という酵素に原因があると言われています。

 

5αリダクターゼは頭皮の皮脂腺から分泌される酵素ですが、この酵素がテストステロンと結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」と言われる強力な脱毛作用を持つ男性ホルモンに変化し、抜け毛を進行させてしまいます。

 

確かに男性ホルモンは性欲と関連しているものですが、性欲が強いからといって薄毛になるというわけではなく、抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を受けやすい人は脱毛の症状を引き起こしやすいと考えられています。

 

男性型脱毛症の症状の予防・改善をはかる場合、何よりこの5αリダクターゼの分泌を抑制することがカギとなります。男性ホルモンの影響によって引き起こされる脱毛症状は血行を促進させるタイプの育毛剤などの使用はあまり効果が期待できません。

 

薄毛は自分の症状に合った適切なケアが症状改善の重要なポイントです。予防・改善には適度な運動と栄養バランスがとれた食事、十分な睡眠を意識し、日頃から頭皮のケアをしっかり行うことを心がけるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る