セファランチンは薄毛の症状改善に有効とされる治療薬

抜け毛や薄毛は頭皮や毛細血管のトラブルが原因で引き起こされることも多く、脂っぽいフケや抜け毛が増える、髪が細くなるなどが症状の予兆と言われています。

 

薄毛の症状を改善する方法には有効成分が配合された育毛剤の使用や治療薬の服用などが一般的ですが、セファランチン錠の服用も脱毛症状の改善に作用するとして注目されています。

 

セファランチンとはツヅラフジ科の植物であるタマサキツヅラフジから抽出したもので、抗アレルギー作用の他、血流の促進や免疫改善作用があると言われています。

 

特にアレルギーに対しては改善に高い効果が期待され、アレルギーやストレスが原因で引き起こされる円形脱毛症、粃糠性脱毛症、白血球減少症などさまざまな治療に用いられています。

 

セファランチンには末梢神経を拡張させ、末梢循環障害を改善し毛髪の育成に必要な栄養分を毛根に行き渡らせる働きがあるとされ、発毛に適した頭皮環境に整える作用も期待されています。

 

セファランチンは厚生省が認可した治療薬であるため、服用には皮膚科の医師による処方がなければ入手することはできません。また、年齢や体質によっても服用する量が限られるため服用を希望する場合は専門の医師に相談する必要があります。

 

セファランチンは基本的に安全なものですが、服用した方の中には胃部の不快感や食欲の減退、吐き気を感じるといった副作用もあるとされています。円形脱毛症の場合は自然に症状が改善する場合もあるので、抜け毛や薄毛に悩む方は一度病院を受診して医師の指示を仰ぐようにしましょう。


このページの先頭へ戻る