頭皮プラセンタ注射は薄毛を改善に導く作用がある

薄毛の治療といえば育毛剤の使用や病院から処方される内服薬などを思い浮かべますが、最近では「プラセンタ注射」も薄毛の症状改善に有効とされ、施術される方も増加傾向にあります。

 

プラセンタは哺乳類の胎盤から細胞分裂を促進させる成長因子・グロースファクターを抽出したもの。プラセンタには弱った細胞やダメージを受けた細胞を修復し、細胞の増殖を助ける働きがあり、古くから医療現場でも用いられ、その幅広い作用から近年では美容の面でも多く注目されています。

 

プラセンタ注射と聞けばアンチエイジングといったイメージを持つ方も多いと思いますが、プラセンタにはホルモン分泌作用、ホルモンを整える作用があるため頭皮への注射は発毛へ導く作用があると言われています。

 

薄毛の原因には男性ホルモンの影響が深く関連しているとされていますから、この男性ホルモンの分泌抑制は抜け毛の軽減や健やかな髪の育成に有効と言えるでしょう。また、プラセンタには血行を促進させる作用もあるとされ、頭皮を発毛に適した環境に整えるといった効果も期待されています。

 

プラセンタ注射はクリニックによって価格は異なりますが1回1500〜2000円が相場となっています。単位は「アンプル(A)」とし、1つのビンを1アンプルと数え、使用した本数で金額は決まります。

 

薄毛の治療と聞けば高額なイメージがありますが、プラセンタ注射は比較的リーズナブルな価格ですので、脱毛症状にお悩みの方はクリニックに一度相談してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る