中学生でM字ハゲになる?

M字ハゲで悩む人には、中学生くらいの人も結構いらっしゃるようです。実際、M字ハゲの兆候が中学生くらいから出てきたという話もよく聞かれます。

 

M字ハゲの改善に使う育毛剤は、ミノキシジルやプロペシアなどですが、これを使用できるのは20歳以上で、中学生では使うことは出来ません。

 

これは、原因であるAGAは大人として体が出来上がってからの男性ホルモンだからです。中学生のM字ハゲは、AGAではなく他の要因が考えられますので、M字ハゲだと早とちりせず、皮膚科などを受診することも考えたほうが良いです。

 

ただ、遺伝が関係することですので、不安な方は中学生くらいの時からケアを行うことは重要です。そこで出来るケアは、生活習慣の改善です。

 

夜更かしをしない、栄養をバランスよく摂取する、運動をするなど、健康を目指す生活習慣は、M字ハゲの改善にも役立つものです。

 

あとは、頭皮に負担をかけないように気を使いましょう。例えばシャンプーをカスがたまりにくいものに変える、頭皮ケアの効果があるものに変えるなどです。

 

カスがたまりにくい点ではノンシリコンシャンプーなどがお勧めです。ただ中学生だとシャンプーを自分で選ぶことは難しいかもしれません。

 

しかし、ヘアケアは大人にとっては切実な問題であることが多いので、家族全員で良いシャンプーを使うように話をしてみれば説得できるかもしれません。

 

大人になってからM字ハゲなどで悩むことを少なくするためにも、中学生くらいから頭皮について考え、ケアを行うことはとても前向きなことです。出来ることはやっておきましょう。


このページの先頭へ戻る