AGA遺伝子検査は病院で?自宅キットで?

AGAは男性型脱毛症ですが、抜けていく原因がAGAにあるのかどうかを確かめるには、遺伝子検査を受けることになるでしょう。というのは、頭髪が抜ける原因はたくさんあるからです。ストレスや性ホルモンの異常、抗がん剤治療、タバコ、不規則な生活などいろんな原因があり、それを特定しないことには効果のある治療法も決められないのです。

 

AGAの遺伝子検査は病院で検査を受ける場合には自分の毛髪を取って、その毛髪のDNA配列を解析することになります。DNA配列のX染色体により、リスクが大きいか少ないかを判定するのです。

 

一方、自宅でできるAGA遺伝子検査キットも売られています。キットで検査する際には口内粘膜を採取して分析します。購入はインターネット通販でできますし、採取した粘膜を郵送で検査機関に送り、結果が届くことになりますので、家から一歩も出ずに検査することも可能でしょう。

 

検査の結果、自分のDNAがAGAリスクが大きいと判定されれば、治療法もそれに合わせたものになっていくでしょう。


このページの先頭へ戻る