薄毛を改善させるHARG療法

HARG療法は、薄毛や脱毛を改善させる治療法の一種です。HARGとは「Hair Re-generative theraphy」の略であり、毛髪再生治療という意味を持っています。

 

HARG療法は、成長因子でありAAPEと呼ばれる幹細胞抽出増殖因子蛋白質、アミノ酸、ビタミン類を成分とするHARGカクテルをまず作成し、その後に頭皮にHARGカクテルを注入することで薄毛を改善させるという手法です。

 

頭皮に注入というところが分かりにくいかもしれませんが、注入の方法は複数あります。パピュール法、ナパージュ法と呼ばれる方法では注射針を使ってHARGカクテルを注入するすることとなるでしょう。

 

ラクショナルレーザー法では、レーザーを使用して肌に小さな穴を開け、そこから注入を行います。ダーマローラー法では細い針がついているローラーを使用することとなり、いずれの方法でも皮膚に穴を開けることとなるでしょう。皮膚から直接HARGカクテルを注入し、発毛の効果を得るという治療法ですが、デメリットもあります。

 

痛くないように配慮はされているようですが、穴を開けるのは確かなので痛みを感じることがあるかもしれません。効果が表れるまでの期間は、長い場合で8ヶ月程度とされています。

 

頭の多くでHARG療法を行う場合は高額になることも珍しくはなく、効果が表れるまでに100万円以上かかることもあるようです。また必ずしも効果があるとは限りませんが、アレルギーを誘発する成分が含まれていないのはメリットです。


このページの先頭へ戻る