AGAの治療薬の副作用にはどのようなものがあるか?

AGA治療における副作用には、どのようなものがあるのでしょうか。現在報告されているAGAの副作用としては、フィナステリドやミノキシジルといった内用薬・外用薬、ビタミン剤など使用する治療薬によって症状がさまざまに異なります。

 

内用薬のフィナステリドを利用した場合は、稀に性欲の減退や循環器症状が起こるといった症状があります。ミノキシジルといった外用薬を利用した場合には、頭皮に直接つけるため痒みが生じたり、アレルギー症状が出たりするとされています。また、フィナステリドとミノキシジルのどちらも肝臓で代謝されるため、肝機能に障害を持つ方が知らずに利用すると症状の悪化を招く恐れがあるので、事前の確認が大切です。

 

ただし、AGAの副作用としてこれらの症状が現れるのは決して高い確率ではないため、正しい診断と正しい治療薬の利用によって、防ぐことが可能であると考えられています。専門クリニックなどの医療機関によっては、血液検査などの事前の検査によって、AGAの副作用が出るかどうか確かめてもらえます。


このページの先頭へ戻る