AGA治療克服体験談

AGA治療の進歩

AGAは「男性型脱毛症」。自分が困っていなければあまり興味を持つこともありませんが、脱毛治療の分野も日々進歩をつづけているようです。詳しくは、髪の毛が自然な成長力を失い、主に頭頂部から髪が退行していく現象ですが、これまでも、AGAでありながら、AGAという言葉自体が存在しませんでしたので、放置して禿頭を甘受していた人も多かったことでしょう。しかし、これからは治療する気になれば、治療法はあるわけで、薄毛というだけで、不本意なことを言われることも少なくなるのはいいことだと思います。研究が進んだことで、これまでの迷信的な俗説(例えば、白髪の人は禿げないとか、カミソリで剃ると濃くなるとか)の誤りも正されています。AGAの本当の原因は、男性ホルモンと遺伝、そして、ストレスと生活習慣です。その内、遺伝は仕方がないとして、男性ホルモンに関しては、今後もその研究成果を生かした新しい治療法が現れることでしょうし、ストレスと生活習慣については、自分自身で「楽しい」と思える生活習慣を創っていくことで、緩和できるのではないかと思います。さんざんにストレスに耐えながら、それを偉いとも認めてもらえず、揚句に薄毛までも非難されるなんてやり切れませんから、思い切って「ストレス」と「薄毛」の両方をいっぺんに改善するのがいい。「薄毛」からいくならAGA治療がよいでしょう。治療は主に内服薬と外用薬。生活習慣の改善の方に比重が置かれているようです。費用は月2万円ほどです。

広範囲を自毛植毛でカバー

そろそろ結婚もしたいと考えているうちに、おでこのあたりが後退しはじめ、あれよあれよという間にいわゆる「ハゲ」になってしまいました。家系がそうですのでいつかはそうなると覚悟はしていましたが、こんなに早いとは計算外。兄は「禿げる前に結婚する」と20代前半で結婚しました。案の定20代後半から30代前半にかけて、おでこが広がり、今では後頭部を残すばかりです。今私が30代前半ですが、同じようになってしまいました。婚活を焦って始めましたが、自分自身がないためか相手への印象が悪いのか、全くお相手が見つかりません。そんな時に会社から「自主退職」の案内が出されました。希望すると退職金も通常より多めです。「退職金で禿げ対策を行い、新天地で心機一転頑張ってみよう。キャリアもあるし、まだ条件のよい転職も可能な年齢だ」と思い立ち、そのように実行しました。いろいろ調べましたが、湘南美容外科クリニックの自毛植毛が良いように思えました。広範囲を短期間で植毛したいと思い、専門クリニックのカウンセリングを受けました。「広範囲をできるだけ短期間で植毛したい」という希望を満たすのはメスを使った自毛植毛のストリップ法が良いと勧められました。様々な症例を拝見しましたが、自毛植毛のドナーを取る後頭部の傷跡も目立たず、植毛部分も自然な形です。それを選択して手術を受けました。日帰り手術で、うとうとしているうちに終わってしまいました。あれから自分で納得出来る状態になって引越しをし再就職、そして婚活を再開しました。「モテモテ」とは行きませんが、自分らしさが出せるためか、結婚を前提にお付き合いしたいといってくれている女性にも出会えるようになっています。

agaによる薄毛の悩みについての体験談

私は若いころから、気が付けば自分の自分の髪の毛が薄いことに悩むようになっていました。agaとは男性型脱毛症のことですが、私もそれを患っている1人だったのです。私は父親も祖父母もagaによる薄毛に悩んでいたため、これも避けられないことなのかと考えていました。しかし、やはり薄毛の治療をあきらめきれない私は様々な方法でagaと向き合っています。まず私は、同じような悩みを抱えるひとの話が聞きたいと考えて、薄毛で悩んでいる人の体験談をたくさん読みこなしました。それらの体験談のなかでは改善効果が得られたという人がたくさんいたので、私の薄毛も治るかもしれないという期待が高まりました。そのなかで、まずは気軽にできるホームケアから試してみようと考えました。ドラッグストアや薬局をわたりあるき、様々な薄毛対策用のシャンプー、リンスを見て回りました。その中で、自分が気になったものは次々と挑戦してみました。やはり種類によって合う合わないはありましたが、その中でも私にぴったりなシャンプーが見つかったのです。私も体験談に出てくる人のように、agaの悩みを克服したいという一心で、毎日きちんとそのシャンプーを用いてマッサージを繰り返しました。すると、根気よく続けることで、徐々に効果が現れてきたのです。周りの友人たちからも、「最近髪の毛が増えたのではないか」と聞かれるくらいにその効果は歴然でした。やはり、粘り強く自分に合う商品を探すことがaga治療には重要なのだと気が付きました。


このページの先頭へ戻る