男性ホルモンが多いと毛深い?

体毛が毛深い

男性と女性の体の違いの一つに、体毛があります。いわゆる男性らしいと言われている体は筋肉質でゴツゴツしており、体毛も女性より濃い傾向にあります。男性ホルモンが多いと毛深い体質になるのです。男性ホルモンの量は元々個人差があり、遺伝によっても受け継がれます。そのため親が男性ホルモンがたっぷりで毛深い体質であれば、子もその体質に似てしまうことが多いのです。もちろん女性でも体質的に毛深い人はいます。

 

ただし、元々は毛深く無かったのに、ストレスのせいでホルモンバランスが崩れて毛が濃くなってくることもあります。これはハードな仕事環境に身を置いている女性によく見られる現象ですが、日々のハードワークのせいでホルモンバランスが崩れ、ヒゲが生えてくるのです。このような場合はストレスを減らしてしっかりと休養し、ホルモンバランスを整えることで元に戻していくことができます。ひどい場合は女性ホルモンを強制的に補うことで、治療することもできます。

 

この作用を利用して、エストロゲンと似たような性質を持つイソフラボンを利用し、抑毛効果を出す製品もあります。イソフラボンとは大豆に含まれている成分で、女性ホルモンの一種であるエストロゲンにそっくりだと言われています。ただし、エストロゲンを摂り過ぎてしまうと今度はがんのリスクが高まります。あくまでも適量を守るようにして、ストレスを軽減して規則正しい生活をするように心がけるのが大切ですね。

男性ホルモンを抑えるにはどうしたらいい?

体毛が濃い男性

男性ホルモンは減り過ぎても困りますが、増えすぎても皮脂分泌など困ったことがあります。そのため、場合によっては男性ホルモンを抑えることも必要になってきます。男性ホルモンが増えると薄毛になると言われていますが、その原因となるのはジヒドロテストステロンというものです。略してDHTと呼びますが、男性型薄毛の治療薬にはこのDHTを抑える成分があります。DHTが増えてしまうのは、テストステロンに5αリダクターゼという成分がくっついてしまうからです。その5αリダクターゼを抑制するには、亜鉛、ノコギリヤシの成分、イソフラボンなどがいいと言われています。

 

日常生活で簡単にできることといえば、サプリメントで抑制成分を摂取したりホルモンバランスを整えたりすることでしょう。適度な運動をするとタンパク質とくっついたテストステロンが増え、5αリダクターゼがくっついてDHTに変化しにくいと言われています。また、プロぺシアという薬品を服用する方法もあります。プロぺシアは男性型脱毛症の治療薬として販売されていますが、5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成を抑える働きがあります。プロぺシアは男性型脱毛症の原因にダイレクトに効きますが、もちろんデメリットがあります。

 

それはまず、保険が効かないという点です。それなのに病院でしか購入できず、非常に高い費用が掛かります。また、副作用も少なからずあるため、費用を抑えるために個人輸入で購入するのもあまりオススメはできません。よく検討してから、プロぺシアを利用するかどうかを決めましょう。


このページの先頭へ戻る