女性に多いびまん性脱毛症は保険適用外でも他に原因があれば適用

女性にとって髪の毛は命ですよね?
年齢を重ねると命とも言える髪の毛が抜けて薄くなってしまい、それがストレスの原因で、ますます悪化してしまう危険性があります。

 

最近は女性用の育毛剤なども販売されているので、それを使えばすぐに治ると思ってしまいがちですが、まずは、専門医に相談し、適切な治療を行ってもらう必要があります。

 

でも、そこで、問題になるのが、女性特有の症状とも言われているびまん性脱毛症。
このびまん性脱毛症は、病気でもないし、怪我でもないため保険がほとんど適用されないということです。

 

また、保険が適用外となるため、自由診療ですから、産婦人科あるいは専門病院によって、費用にもばらつきがあります。

 

実際、びまん性脱毛症等女性の薄毛を専門で診てもらうことが出来る病院でも多額の治療費を請求されることが多いと言われています。

 

しかし、びまん性脱毛症になった原因が、例えば、女性ホルモンや生活習慣以外によって引き起こされている場合は、保険が適用されることがあります。

 

この場合は、発症している症状を優先的に治療することで、治る可能性がありますので、まずは、そちらを優先に治療するようにしましょう。
治療を行っているにもかかわらず、薄毛が酷くなってしまった等、治療が必要であれば、皮膚科と併用するようにしましょう。

 

まずは、あらかじめ、他の病気によって発症している可能性がある場合は、きちんと専門医に伝えておくと、検査項目も限定され費用を抑えることができます。

 


このページの先頭へ戻る