あの男は円形脱毛症とバセドウ病に魅入られたのか

円形脱毛症との関連が微妙なのがバセドウ病です。
自己免疫疾患のひとつですので、脱毛症と関連がうわさされてもおかしくはありません。
甲状腺の自己抗体によって甲状腺が肥大する病気といわれています。

 

円形脱毛症そのものが自己免疫疾患との関連をいつも指摘されているものの正式に原因として証明されていないので、その関連性についてもなんともいえないのでしょう。
医師たちの間でも意見が分かれることが多いようです。

 

しかし、実際の事例をみると両方を同時に患っているという人が多いように思えます。
有名人では、サッカー日本代表の本田圭佑選手がバセドウ病の手術をしたといううわさがまことしやかに流れています。
そして、何度か円形脱毛症であることが写真から確認されているようです。

 

有名人であってもそんなプライベートなことをとやかくいわれるのは嬉しくないでしょう。

 

バセドウ病自体、自己免疫疾患に分類されてはいるものの原因は不明とされています。
過度なストレスや過労からくるという話がされているようです。
そのあたりも実に円形脱毛症と似ています。

 

ただし、脱毛症は男女差がないのに対してバセドウ病は女性がかかる比率が高いので、この面では少し違いがあるといえるでしょう。

 

今後こうした背景が科学的に解明されていくことを期待したいと思います。
どちらの病気も人を苦しめる困った病気ですので、解明されれば治療法も研究できますし、予防策もとりやすいでしょう。


このページの先頭へ戻る